自転車好き理容師のブログ

埼玉県越谷市のパンダ理容室に勤務しています。ここでは趣味の自転車を中心に思いつくままにブログを書いていきたいと思っています。

異動のお知らせ

~お知らせ~

大変急ではございますが、このたび勤務先がパンダ理容室越谷店から南越谷店へと異動となりました。

以前の勤務先の越谷店では「サイクリストに優しい店作り」の一環として、店内に駐輪ラックを設置しておりましたが、異動先の南越谷店では店舗の都合上、駐輪ラックは店内ではなく、店横の駐輪スペースに設置させていただきますのでよろしくお願いします。

ロードバイクでご来店のお客様には、盗難防止としてチェーン鍵で駐輪ラックと自転車をロックさせていただきますが、盗難等のトラブルには一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。

 

南越谷店は東武スカイツリーライン新越谷駅より徒歩2分、JR武蔵野線南越谷駅より徒歩3分となります。

よろしくお願い致しますm(_ _)m


f:id:nrt5033:20170425141807j:image

先日、せっせと運びました(^。^;)

房総半島ツーリング①

つい先日の話しですが、休日に早起きして房総半島へ行ってきました♪

今回は、ここ1年くらいで一気に有名となった君津にある秘境スポット『濃溝の滝』を見て、それから南房総まで走ろうと思っています。

f:id:nrt5033:20170424113549j:plain

朝5:30過ぎ(外はもう明るいです。)

南越谷駅から輪行蘇我駅へ向かいます。

 

乗り換えも含めて約1時間で蘇我駅に到着!

f:id:nrt5033:20170424113845j:plain

東口より高速バス乗り場まで歩きました。

f:id:nrt5033:20170424114103j:plain

 高速バス・カピーナ号(亀田病院行き)に乗り1時間ちょっと。

亀山・藤林大橋というバス停で下車します。お花がとてもきれいで、房総半島に来たな~という感じです♪

f:id:nrt5033:20170424121004j:plain

バス停から濃溝の滝までは約7キロ。途中、亀山湖の横に咲いている桜がきれいだったのでパシャリ(^o^)

時々、きれいな景色を写真に納めながら走っていると、濃溝の滝の案内板が見えてきました。

f:id:nrt5033:20170424121453j:plain

インスタグラムの1枚の写真がきっかけで一気に有名になったという秘境スポットですが、有名になり過ぎて観光地化しており、この日もツアーバスや観光客がいました。

すでに秘境ではなくなってる感が・・・(^^;)

自転車を停め、少し歩くと濃溝の滝が見えてきました!

f:id:nrt5033:20170424121753j:plain

f:id:nrt5033:20170424122039j:plain

実際に見た感想は、「思ったより穴がデカい!」と思いました!

ぽっかり開いた穴から水が流れているのが不思議です。

休日だと人がかなり多くて、靴を脱いで水遊びをしている家族連れもいるとか。

誰もいない写真を撮るのも難しそうです(笑)。

今回はそこまでは賑わっていなかったので、人の写っていない写真を撮る事が出来ました(^o^)

f:id:nrt5033:20170424122326j:plain

濃溝の滝を見たのは午前9:00頃。神秘的な雰囲気をすごく感じたのですが、看板で見るような、日が差し込んでくる幻想的な絵が見られるのはもっと早い時間だったようです。残念(>_<)

 

それでも、見たいと思っていた濃溝の滝に来られて大満足(^^)

この後は房総の自然を感じながら、南へ向かって走ります。

 

②へ続く

 

自転車旅行記~九州(福岡、大分、熊本)編~⑤

自転車旅行記~九州(福岡、大分、熊本)編~④ - 自転車好き理容師のブログ

からの続きとなります。

 

4日目

今日は、阿蘇山の麓から熊本駅まで走り、新幹線で広島に行く予定です。

 

熊本駅に向かう前に、阿蘇で見てみたい景色があるので、そちらへ向かいます。

そこは通称『ラピュタの道』または『天空の道』と言われている場所で、ジブリ映画『天空の城ラピュタ』で描かれた、空に浮かぶ伝説の島を思わせる風景として、バイク乗りや自転車乗りに人気のスポットとなっているようです。

僕自身は特にジブリ映画のファンというわけではないのですが、天空の城ラピュタは、小学6年生の時に映画館で初めて観た映画であり、当時は冒険ストーリーと映像美に「映画ってこんなに面白いんだ!」と、子供ながらに興奮したのを覚えています(〃'▽'〃)

今でもたまにテレビで放映してますが、何十年経っても色褪せない名作だなぁと思います。

 

ラピュタの道は普段、地元の人が牧草を運んだりする農道のようです。

f:id:nrt5033:20170417153740j:plain

最初はこのような道を登っていきます。

途中、倒木や落石で足場が悪く苦労しましたが、絶景見たさに頑張って登りました(^。^;)

f:id:nrt5033:20170417200512j:plain

f:id:nrt5033:20170417200731j:plain

f:id:nrt5033:20170417200922j:plain

 苦労して登った先には、阿蘇の雄大な絶景が待っていました!

が、写真を撮る技術があまりにも低レベルのため、よくわからない写真ばかりですみません(^^;)

f:id:nrt5033:20170417202733p:plain

本当ならこのような写真を撮りたかったのです!(著作権フリーの画像から拝借しました。)

f:id:nrt5033:20170417203117p:plain

さらに、運良く雲海が発生した時は息を飲むような絶景に出会えるそうです!まさに天空の道!(こちらも著作権フリーの画像から拝借)

地球はまわる~♪と聞こえてきそうな雰囲気(^o^)

 

現在、ラピュタの道は昨年の熊本大地震の影響で道路の一部が崩落。土砂崩れや陥没も激しく、通行不能となっているようです。一日も早い復旧をお祈りいたします。

 

さて、ラピュタの道を見たあとは熊本駅まで走りました。

f:id:nrt5033:20170417203647j:plain

約50キロでしたが、ほとんど下り坂だったので、あっという間に到着♪

f:id:nrt5033:20170417203815j:plain

新幹線の出発まで時間があったので、こちらで昼食タイム♪食べログで調べたのですが、地元では有名なお店のようです。外まで並んでました!

f:id:nrt5033:20170417204028j:plain

本場の熊本ラーメン美味しかった~(*^_^*)

並んだかいがありました!このおいしさは感動ものでした(^^)

 

そして、新幹線で広島まで行きました。

昨年に引き続き、夕方からマツダスタジアムで野球観戦です!

 

f:id:nrt5033:20170417204658j:plain

f:id:nrt5033:20170417204455j:plain

今年はちょっと贅沢に砂かぶりシートでの観戦です♪

選手が近くで見られて感動しました(^_^)v

 

ナイター観戦を楽しんで翌日、埼玉に帰ってきました。

今回の自転車旅行は登り坂ばかりで、かなりハードな苦行となってしまいましたが、それも含めて今となってはいい思い出となっています。

 

おわり

 

 

自転車旅行記~九州(福岡、大分、熊本)編~④

自転車旅行記~九州(福岡、大分、熊本)編~③ - 自転車好き理容師のブログ

からの続きとなります。

 

3日目

別府温泉をゆっくり堪能出来なかったのは、少し心残りですが、気を取り直して今日は、熊本県阿蘇山の麓を目指します(^_^)

 

まずは湯布院へ向かうのですが、宿を出発してからいきなりの長い登り坂です(^^;)

昨日の山ですっかり負け犬根性が染みついてしまった(笑)僕は、自転車で登る事を早々とあきらめて押し歩きしてしまいました。

ところが登れど登れど、いっこうに坂は終わらず、市街地を外れて周りは山になってしまいました。

f:id:nrt5033:20170410220931j:plain

まだまだ登りがつづきそうです・・・。

この坂はいつ終わるのだろう、と思いながら歩いていると、どんどん山の中へ入っていき、坂がさらにきつくなってきました。

やっと登りが終わったころにサイクルコンピューターを見たら別府からの移動距離は10キロでした。

この間、一度も自転車を漕がずに押し歩きしてました(T_T)これでは、ツーリングじゃなくてハイキングです(笑)。

f:id:nrt5033:20170410223003j:plain

ようやく下りに差しかかり、森を抜けると道も開けて見晴らしも良くなってきました!

f:id:nrt5033:20170410223217j:plain

こちらで休憩です♪売店で飲み物、塩分補給の飴を買いました。

売店の店主さんが、「自転車で阿蘇まで行くのかい?そりゃ、大変だよ~。この前、自転車レーサーみたいな人が来た時も、超山岳地帯だって言ってたからね~。」と言っていました。

ここまで来るのも大変だったのに、この先は超山岳地帯って・・・今日は苦行になりそうです(T_T)

f:id:nrt5033:20170410224417j:plain

休憩を終え、再び走り出すと眼下に街が見えてきました!あの辺りが湯布院のようです。

f:id:nrt5033:20170410224635j:plain

湯布院に着いた頃にはもうお昼になっていました。

最初の10キロの登り(歩き)でかなり時間をロスしてしまったようです。

なので、適当な食堂で昼食をサッと済ませて、先を急ぎます(^^;)

本来ならせっかく来た湯布院なので、観光や温泉と行きたいところですが、昨日のように宿への到着が夜になってしまうのは避けたいです(*_*;

f:id:nrt5033:20170410225803j:plain

湯布院を抜けると、また登りが続きますが、いつしか真っ直ぐな道となり、遠くに山々が見えてきました。

f:id:nrt5033:20170410231433j:plain

f:id:nrt5033:20170410230320j:plain

この道は『やまなみハイウェイ』という有名なドライブルートのようです。

日本じゃないような雄大な景色に癒されます(*^_^*)

途中でまた、長い登りが続きましたが(もちろん歩き)、登っている途中で道路工事の人が「あとちょっとで牧の戸峠だから、それを過ぎれば後はずっと下りだよ!頑張れ~」と教えてくれました。

この頃はまだ、ネットなどで事前にルートの獲得標高などを調べる事を知らず、行けば何とかなるでしょ、くらいの感じでしたが、九州がこんなにも山ばかりだとは思いもよらなかったです(^^;)

f:id:nrt5033:20170410232712j:plain

やっとの思いで牧の戸峠に来ました!想定外の登りのつらさに歩いてばかりでしたので、もう夕方になってしまいました(^^;)

ここからは長い下りになります。

f:id:nrt5033:20170410233028j:plain

やっぱりいい景色♪やまなみハイウェイさいこー!

f:id:nrt5033:20170410233457j:plain

うわ~、ついに暗くなってきた!大観峰という絶景スポットがあるのですが、寄っている時間はありません(>_<)

スルーして宿を目指します。

下山し、宿に着いた頃には、もう真っ暗。

昨日に引き続き今日も大幅に遅くなってしまいました。今後は移動距離と獲得標高はよく調べてスケジュールを立てるようにします・・・σ(^_^;

 

ホテルにチェックインして、近くで食べる所を探してみたのですが、見事にな~んにもないので、コンビニでご飯とビールを買って部屋で食べてすぐに寝ました(^^;)

 

⑤に続く

自転車旅行記~九州(福岡、大分、熊本)編~③

自転車旅行記~九州(福岡、大分、熊本)編~② - 自転車好き理容師のブログ

からの続きとなります。

 

耶馬渓サイクリングロードを引き返し、再び別府を目指します。

f:id:nrt5033:20170406164841j:plain

山中にあった宇佐市院内町という看板(^o^)

私事ですが(ブログ自体が私事なんですが(^^;))、大分県宇佐市は僕が理容師として、また一人の人間として、今日まで育ていただいた師匠(パンダ理容室の会長)の故郷です。

風景を眺めながら自転車で走っていたら感慨深かったです(^-^*)

もちろん初めて来ました!

 

耶馬渓サイクリングロードに寄ったりしたため、時間がオーバーしてしまい、日が傾きかけていたので少し急ぎます。

スマホで最短ルートを探して走っていたのですが、いつの間にか山々に囲まれ、あたりは静寂に包まれて人の姿や車を見かける事がなくなってきました。

そして、気がついたらスマホの電波も圏外になっていて、道もわからなくなってきました(´・д・`) 

 

九州に一人で来て、山に囲まれて、携帯も通じずで孤独感を味わうというのも悪くないなぁー♪なんて最初はのんきに考えていましたが、だんだんと日が落ちてきて、途中で大きなヘビに何度か遭遇したりしているうちに不安になってきました(;Θ;ェ;Θ;)

この辺りは日が落ちたら真っ暗で何も見えないんだろうな・・・。

そうなる前に別府に到着したいと思うのですが、きつい登り坂のため、いつの間にか自転車を降りて押し歩きしていました(T_T)

どうやら最短ルートを選択した結果、一山越えなくては別府にたどり着けないようです。

幸いにも道は一本道のため、迷わず前へ進むしかないのでひたすら歩いて登りました。

そして峠を越えて下りに差し掛かった頃には、辺りは灯り一つない(自転車のライトのみ)、真っ暗になっていました。

あ~早く明るい所へ行きたい、街が恋しい(笑)。

再び自転車に乗り、山を下りる時に考えていたのは、「こんな所で絶対パンクしたくない」という事と、「木の上から頭にヘビが落ちてきたらどうしよう」という事でした(><@)

そんなこんなで下山して、ようやく別府に到着した頃には夜8時を過ぎていました(^^;)

小倉から別府まで約100キロの予定がなんだかんだで150キロ(^^;)(過去最高の走行距離でした)

f:id:nrt5033:20170406161531j:plain

駅前に宿を予約してあったのでチェックインして、荷物を置いてから駅前を中心に散策しました♪

f:id:nrt5033:20170406161935j:plain

 さすが別府は国内最大の温泉都市!いたるところに大小様々な温泉施設があります♪

しかし、街を散策していた頃にはもう時間が遅く、ガイドブックで目星をつけていた温泉に行ったとしてもゆっくり入るのは難しい状況(^^;)

せっかく別府に来たのでガイドブックに載ってるような温泉に入りたかったのですが、残念です(>_<)

でも、泊まるホテルが小さいながらも源泉かけ流しという事だったので、食事だけ外で済ませてホテルの温泉でくつろがせてもらいました。

今日は150キロの走行距離(登りは歩いてましたが・・・)と、真っ暗な山を下りる緊張感で疲れてしまい、早めに床につきました(*^_^*)

 

明日は熊本県阿蘇山の麓を目指して走ります。

 

④へ続く

 

自転車旅行記~九州(福岡、大分、熊本)編~②

自転車旅行記~九州(福岡、大分、熊本)編~① - 自転車好き理容師のブログ

からの続きとなります。

 

2日目

朝、少し寝坊してしまい9時に起床してチェックアウトしました。

宿は素泊まりだったので、近くのコンビニで朝食を済ませて、いざ大分県の別府へ向けて出発です。

ここからが九州自転車ツーリングのスタートです♪

小倉から別府までは約100キロ。夕方までには到着して観光と温泉に浸かれそうです(^o^)

f:id:nrt5033:20170401112742j:plain

国道沿いを南へ走り、しばらくすると大分県に入りました!

f:id:nrt5033:20170401113057j:plain

中津市まで来ました!天気もよく、のどかな景色が広がってきました。

f:id:nrt5033:20170401113154j:plain

立派な橋があったのでパシャリ♪

この辺りでは有名な耶馬渓三橋の一つで通称オランダ橋と言われているそうです。日本一の石造アーチ橋だそうです!

f:id:nrt5033:20170401113441j:plain

f:id:nrt5033:20170401113541j:plain

 『青の洞門』という所に寄りました。

青の洞門 | 中津耶馬溪観光協会

詳しくは上のサイトに書かれていますので、説明は省略させていただきます。(笑)

要約すると、昔、有名な禅海和尚という人が、雇った石工さん達と一緒にノミと鎚だけで掘り続けて30年余りかけて洞門を完成させたそうです(^^;)

f:id:nrt5033:20170401123409j:plain

昼食は、青の洞門のすぐ近くにあった、こちらで頂きました。お店の外観からしてヘルシーな料理が期待できそう♪

店内はおしゃれなペンション風の木造になっていて、店員さんもすごく感じが良かったです!大人1250円で食べ放題のバイキング形式。

詳しいメニューは忘れてしまいましたが、農家レストランというだけあって、野菜の惣菜がすごく美味しかったのを覚えています。

 

昼食の後は、再び走ります。

実は今回の旅行で、全国のサイクリングロードの中でも、指折りの人気という『耶馬渓サイクリングロード』を走りたいと思っていたのですが、この年の7月(旅行の2ヶ月前)に九州北部で記録的な集中豪雨が発生しておりまして、各地で被害が出ていました。

なので、サイクリングロードを走る事が出来るのか、事前に観光案内所に問い合わせてみたところ・・・サイクリングロードの途中までは行けるが、橋の崩壊によりその先へは行くことが出来ないとの事でした。

残念に思っていたのですが、せっかく九州まで来たので、せめて崩壊した橋の手前まで行ってみようと思い、遠回りにはなってしまいますが行ってみる事にしました。

f:id:nrt5033:20170402140121j:plain

コースの最初は被害もなく、きれいな道だったのですが・・・

f:id:nrt5033:20170402140354j:plain

少し進んだら、いきなり倒木に道をふさがれ(^^;)

とりあえず行ってみよー!と勢いにまかせて、自転車を抱えて倒木を乗り越えたら

f:id:nrt5033:20170402140732j:plain

f:id:nrt5033:20170402141011j:plain

道は削られ、地面は割れてて、すごい事になっていました(゚o゚;

集中豪雨による被害は想像以上!少し怖くなってきました(・_・;)

でも、せっかく来たので、とりあえず行ける所まで行ってみようと冒険心を出して走っていくと・・・

f:id:nrt5033:20170402141718j:plain

目の前に現れた光景にビックリ!!

は、は、橋が流されてるやんけ~(゚ロ゚屮)屮

f:id:nrt5033:20170402142007j:plain

しかも、立ち入り禁止の表示やロープが張られておらず、もう一歩踏み出せば真っ逆さまに川に落ちてしまいます(*_*;

夜だったら私、ジ・エンドでした(・_・;)

きっと最初に倒木が道を塞いでる時点で、それを乗り越えてここまで走ってくる人はいないと思い、ロープを張らなかったのでしょう。

とにかく、これ以上は進む事ができないので(初めからわかっていた事でしょ!)、来た道を引き返す事にしました。

 

③へ続く

自転車旅行記~九州(福岡、大分、熊本)編~①

今回は過去の自転車旅行の中から、九州を走った時の事を書きたいと思います。

 

2011年夏に『しまなみ海道への人生初の自転車旅行』ですっかり味を占めた僕は、翌2012年の夏の終わりに、今度は九州へ行ってきました。

 

 1日目

今回も東京駅から新幹線で輪行しました。相棒はしまなみ海道の時と同じくクロスバイクのGIANT escape R3です。

九州へは新幹線より飛行機で行った方が断然速いのですが、当時は飛行機での輪行についてまだ知識も経験なかったので、「飛行機って敷居が高そうだし、いろいろと面倒くさいのでは?」と勝手に思いこんでいました。(実際はそんな事なくて、むしろ新幹線よりも自転車の置き場所とかの事を考えなくていいので楽なんですけどね(^^;))

 

東京から5時間ほどで、福岡の小倉駅に到着です。

長時間で退屈かと思いきや、これからの旅の妄想をしているうちに(笑)あっという間に着きました。

改札を抜けて、適当な場所で自転車を組み立ててみたら、ビックリ(゚ロ゚屮)

リアブレーキのワイヤーがビヨンと垂れ下がっているではありませんか!

あれ?輪行の最中にぶつけたか何かしたかな・・・?

考えてもわからないので、自転車屋さんを探す事にしました。

幸い、すぐそばで大学の自転車部らしきグループが休憩がてら雑談していたので、この辺に自転車屋さんがないかと訪ねてみたら、すぐ近くにあると教えてもらえたので行ってみました。

 

僕「すみません。ブレーキのワイヤーが伸びて垂れ下がった状態になってしまったのですが・・・。」

 

自転車屋さん「あ、これはワイヤーがフレームに引っかかる部分から外れてしまっただけなので、すぐ直りますよ♪」

 

僕「助かります。自転車の知識がまだそんなにないもので・・・小倉駅で降りて自転車を組み立てたら、こんな状態になっていたので焦ってしまいました(^^;)」

 

自転車屋さん「これから自転車で九州を廻るのですか?」

 

僕「今日は小倉で泊まって、明日は大分の別府へ、明後日は熊本の阿蘇へと走ろうと思っています(^ー^)」

 

自転車屋さん「九州は山岳地帯なので、登りがハードですけど頑張ってくださいね!今回は修理ではないのでお代は結構です。」

 

僕「いえいえ、ちゃんと代金払いますよ(^^ゞ」

 

自転車屋さん「大丈夫です、本当に結構ですから。」

 

僕「そうですか。ではお言葉に甘えさせてもらいます。ありがとうございましたm(_ _)m」

 

自転車屋さん「気をつけて、よい旅を♪」

 

とても親切な自転車屋さんにしっかりとお礼を言い、店を出ました。

小倉駅近くに宿を予約してあったので、すぐにチェックインしました。

今回はガイドブック(まっぷる)の必要な部分を切り抜いて持ってきてたので、それを部屋で見て、どこか近くでおもしろそうな所はないかなと探していました。そしてレトロな雰囲気がよさげな門司港に行ってみることにしました。

f:id:nrt5033:20170330183204j:plain

自転車で行こうか迷いましたが、九州の電車にも乗ってみたかったので・・・。小倉から在来線に乗って10分ちょいで門司港に着きました。

f:id:nrt5033:20170330183400j:plain

f:id:nrt5033:20170330183454j:plain

 駅の中はレトロ感でいっぱい(^o^)見てて楽しかったです。

f:id:nrt5033:20170330183656j:plain

 駅は外から見ると立派な建物でした。写真を撮っている方が何人かいました!

いつの間にやら日が暮れて、すっかり夜になってしまいました。

少し、街を散策しました。

f:id:nrt5033:20170330184128j:plain

港に停泊している船がロマンチックな感じです(*^_^*)

街の独特なレトロな雰囲気にテンションが上がります!

f:id:nrt5033:20170330183931j:plain

途中、何だか怪しげな置物(?)が・・・バナナ??

後で知ったのですが、門司港は『バナナの叩き売り発祥の地』らしいです!なるほど!(^^)!

 

近くに門司港レトロ展望室という所があるようなので、行ってみました。

高さ103メートルの展望室からは、きれいにライトアップされた関門海峡大橋がよく見えました♪

写真を撮ったのですが、ガラス越しだったので反射してしまい、きれいに写りませんでした(^^;)なので文章だけですみません。

 門司港、すごくいい所でした!

他にも見所があるようなのでいつかまたゆっくり観光に来たいなと思いましたo(^o^)o

 

そして小倉へ戻り、旅先では恒例の一人居酒屋をして、締めに大好きなラーメンです(笑)。

f:id:nrt5033:20170330200412j:plain

ラーメンは、首都圏にもあるような有名チェーン店ではなく、ここにしかなさそうなローカル感漂う店に入ってみました(^o^)

ご夫婦でやられているお店で、本場のとんこつラーメンがとても美味しかったです♪

お腹を十分に満たしてから宿に戻りました。

 

明日からいよいよツーリングスタートです!

今回はどんな旅になるか楽しみです。

 

②に続く