自転車好き理容師のブログ

埼玉県越谷市のパンダ理容室に勤務しています。ここでは趣味の自転車を中心に思いつくままにブログを書いていきたいと思っています。

自転車旅行記~しまなみ海道編~①

今回は僕が過去に自転車旅行をした時の事を書きたいと思います。

今から遡る事約8年、2009年の秋に初めてスポーツ自転車(GIANT escape R3)を購入し、それからどんどん自転車の魅力にはまっていきました。

自転車で遠くまで行く楽しさを知り、いろんな所を走りました。当時は自転車でどこかへ行く時はたいてい日帰りで、泊まりの時は神奈川の実家に帰った時くらいでしたが、自転車関連の本を読んでる時に、新幹線などの交通機関を使って『輪行』をし、自分の自転車を持って旅に行ける事を知りました。

しまなみ海道・・・そこへ行きたいと思ったのは、あるお客様が自転車でそこを走破した話を聞かせてくれたのがきっかけでした。それまではなんとなく瀬戸内海にそういう名前の場所がある、くらいにしか思っていませんでしたが、そのお客様から話を聞き、ネットや本で調べてるうちにだんだんと行きたくなってきました。そして自転車旅行に必要な物を徐々に買いそろえ、旅のプランを練り、2011年の夏、ついにしまなみ海道へ行ってきました!

 旅は三泊四日で行ってきました。

 

 

・一日目

新幹線に乗るために午前中に家を出発し越谷から東京駅まで自走しました。

八重洲口の近くで慣れない輪行に挑戦!あたふたして、30分以上かかりました(笑)。

新幹線は指定席でチケットをとっていたので、出発時間ギリギリになってしまい焦りました(^^;)

なんとか輪行袋に自転車をしまい込み、新幹線に乗って3時間半ほどで福山駅に到着!駅前で自転車を組み立てていると、近くで見ていた年配の方から「どこから来たの?いいねぇ~、若いと何でもできるねぇ」と声をかけられました(^_^)遠くまで旅に来たんだなぁ~と実感しました。

f:id:nrt5033:20170217235151j:plain

福山から20キロほど走ると尾道に着きました。見知らぬ土地を走っているという事に心が躍りました(^o^)

f:id:nrt5033:20170214212314j:plain

駅前です。写真ではわかりずらいですが、雰囲気があって風情のある街です。

f:id:nrt5033:20170214212514j:plain

予約している宿がある向島までは船に乗って渡ります。乗船時間はわずか数分ですが、テンションMaxです(笑)

まずは宿にチェックインです。こちらの宿にお世話になりました。↓

尾道 しまなみ海道の観光・サイクリングの宿泊に - B&B潮風 -尾道・しまなみの民宿

人柄の優しい宿主さんにホッと安心しながら、荷物と自転車を預けて、再び船に乗り尾道に戻って街を散策しました♪

いろいろ見てまわりましたが、小腹が空いてきたのでそろそろ食事を・・・と商店街を探し歩いていると、個性的な居酒屋さんを発見!

f:id:nrt5033:20170214212440j:plain

 もし越谷にあったとしても入る事に躊躇してしまいそうな(失礼!)感じの外観ですが、見知らぬ土地での初めての自転車旅行でテンションがあがっていたので、迷う事なく入ってしまいました(笑)。

f:id:nrt5033:20170214212225j:plain

店の外観が独特なら店内もなんだか独特な雰囲気です。男性の店主さんが一人で営業されているようで、店主さんの他には常連らしきお客さんが一人いました。

カウンターに座って飲んでいると、店主さん、常連のお客さんとすぐにうち解けて、楽しくおしゃべりをしました♪

 

店主さん「旅の方?どこから来たのですか?えぇ!?埼玉?なんでまた?」

僕「自転車でしまなみ海道を走りたくて・・・あと、広島球場で野球観戦も」

常連客「自転車を新幹線に乗せてきたの??すごいね~!ところでカープは全然勝てんね~(この頃はまだ弱かった・・・)どうしたらええんじゃろ?」

店主さん「うちはうどんと看板に書いてあるけど、うどんはやってないんですよ~!」

 

などなど、初めての土地で初めて会った方達と楽しく話していたら、いつのまにやら時間が過ぎ、店主さんから「そろそろ向島への乗船の最終便の時間ですよ」と教えてもらいました。

では帰りますと、お会計を済ませ、お礼を言って店を出て海岸まで歩きました。

f:id:nrt5033:20170214212347j:plain

 夜の海岸通りはすごくきれいでした♪ほろ酔い気分で海岸を見ながら歩き乗船場まで着きました。

 

が!なんと、のんびり歩いている間に最終便が行ってしまいました!ゲゲッ、やってしまったと思いましたが、どうしたらいいのかわからないので、さっきまで飲んでたお店に戻ってみました(笑)。

 

店主さん「あれ~?」

僕「最終便に間に合いませんでした~(^_^;)」

店主さん「タクシーでぐるっと回って橋を渡れば向島にいけるから大丈夫ですよ」

僕「えっ?そうなんですか?よかった~、じゃあ、また飲み直します」

 

どうやら、尾道向島は橋で繋がっていたようです。というわけでまた飲み始め、結局深夜まで飲み続けてタクシーにて宿に帰りました(^^;)

 

初日からそんなに深酒して大丈夫なのか??明日はしまなみ海道を走るというのに、、

どうなることやら・・・

②に続く