自転車好き理容師のブログ

埼玉県越谷市のパンダ理容室赤山店に勤務しています。ここでは趣味の自転車を中心に思いつくままにブログを書いていきたいと思っています。

北海道(道東)を走ってきました!知床峠編

先日、夏休みに北海道へ3泊4日で家族旅行に行ってきました!

北海道は何度か行った事があるのですが、今回は今まで訪れた事のなかった、知床と網走に行きました。

今回、妻との家族旅行であるにも関わらず、一人だけ自転車を持っていくという・・・(あきれられてます汗)

 

1日目

早朝の羽田発~女満別空港着の飛行機にて輪行

女満別空港に来たのは、3年前に会社の後輩と1泊2日の弾丸ツーリング旅行以来、2回目となります。

その時の記事はこちらです↓ 

nrt5033.hatenablog.com

nrt5033.hatenablog.com

 

今回は女満別空港からは知床までバスで移動です。

世界遺産の知床に行くバスという事で、混雑を予想していました。

もしかしたら自転車をトランクに乗せられず、一人自走かも?と想定していたのですが、拍子抜けするくらいガラガラでした。

 

自転車をトランクに乗せる際、運転手さんにも「他のお客さんはほとんどいないので、そんなに奥にいれなくても大丈夫ですよ」と言われるくらいでした。

 

バスは海沿いの北海道らしい一本道を延々と走り、お昼頃にはウトロ温泉バスターミナルに到着!

ウトロは知床観光の拠点となる温泉地区。着いたらすぐに自転車で知床峠に登る予定(妻はバスで行き、峠で待ち合わせ)だったので、組み立てます。

 

とこどが、自転車を袋から出してみると異変がありました。

リアディレーラーが変な方向に曲がってる・・・?

おかしいなと思いつつ、組み立てるとやっぱり、おかしいです。

変速が出来ないし、チェーンの引っ張りがなく、すぐに外れてしまいます。

f:id:nrt5033:20190823214234j:plain

写真ではわかりにくいかもしれませんが、リアディレーラーの向きが明らかにおかしい。

よく聞く、リアディレイラーが何かの衝撃で曲がっただけとは思えませんでした。

 

しかし、私のような素人では、原因はわからず。

せめて変速は出来なくても、走る事さえ出来ればればと思ったのですが、チェーンもすぐに外れてしまい、完全に自走不可能な状態です。

 

何とかせねば・・・でも、どうしようか。

(まず、妻に連絡してバスをキャンセルしてもらう)

 

実は旅行の直前まで自転車を持っていくか、現地でレンタサイクルにしようかと迷っていたので、近くにレンタサイクルショップがあるのは調べていました。

でも、借りたわけでもない自転車を修理してくれるかどうかはわかりません。

それでも藁にもすがる思いで、ショップに行きました。

ショップの入口には、不在のため連絡先の紙が貼ってありました。

電話をかけてみると、13時30分まではツアーガイドのため、不在との事。

時間までは昼食を食べて待つ事にしました。

そして時間になり、ショップに行き、事情を説明しました。

レンタサイクルやガイドツアーの客でもないのに、スタッフさんがこちらの気持ちを汲んでくれて快く対応して下さいました。

 

見ていただくと、原因は・・・

f:id:nrt5033:20190823220107j:plain

 写真のちょうど真ん中あたり、割れているのがわかりますかね?

ここがパックリと破損していました。

スタッフさん曰く、「ここが割れるなんて滅多にないです。何が当たったんでしょうね?」との事でした。

そして飛行機輪行の際の注意点を教えていただきました。(リアディレイラーは特に破損しやすいので、外してクッション材で包んでテープで留める事など)

 

今まで過去に飛行機輪行で旅行をした事は4回あります。(往復と考えると8回飛行機に乗せてます)

これまで、まったく問題がなかったのは運がよかっただけなのかもしれません。

私の考えが甘かったです。

これからはリアディレイラーも外して、リスクは極力避けるようにします。

 

さて、この場で出来る修理として提案されたのは、

①リアディレイラーを交換するか(在庫が中古のみで同型のは無い)、

②割れた箇所をアロンアルファでくっつける(負荷は掛からない箇所なので、すぐにまた壊れる可能性は低いと思うが、旅行が終わったらすぐに交換して下さいとの事)

 

だったのですが、この旅行でそんなに長い距離を走る予定はなかったので、②アロンアルファでくっつけてもらいました。

 

スタッフさんの手際の良い作業のおかげで、30分もしないで応急処置が完了しました!

 

ありがとうございました!

いくら感謝しても、足りないくらいです!!

 

今回、お世話になったショップのHPはこちらです↓

www.shiretokocycling.com本当に助かりました。重ねてお礼を申し上げますm(_ _)m

 

さて、日暮れまではまだ時間はあるので、気を取り直してこれから一人で知床峠に登る事にしました!

 

調べによると、

距離
13.2km
獲得標高
732m
平均斜度
全体:5.6%

10%を超える檄坂はないとのこと。

ただ、上のほうは霧が立ちこめているとの事で、景色は見られるのか?

それだけが心配です。

f:id:nrt5033:20190823220123j:plain

でも、知床までせっかく来たんだから行ってみましょう!

レッツゴー!

f:id:nrt5033:20190823220135j:plain

この看板、緊張感を高めますね~

いつ、横からヒグマが出てくることかとビビります・・・

f:id:nrt5033:20190823220144j:plain

 勾配の変化がほとんどない中、たんたんと登っていきます。

f:id:nrt5033:20190823220153j:plain

あらら、標高500mを超えたあたりから霧が立ちこめてきました。

峠には霧がないことを願います!

f:id:nrt5033:20190823220203j:plain

知床峠に到着!

f:id:nrt5033:20190823220209j:plain

やっぱり・・・

本来なら雄大羅臼岳が見えるなずなのにな~んにも見えません(T_T)

3年前の美幌峠も濃霧で景色は何にも見えませんでした・・・。

北海道の峠は快晴は少ないのかもしれませんね。

景色が見えないのであれば長居は無用、登ってきた来た道を下ります。

f:id:nrt5033:20190826153907j:plain

途中、野生のエゾシカに遭遇!

ヒグマじゃなくて良かった^^

f:id:nrt5033:20190826154016j:plain

下山すれば霧もなく天気は晴れ。

プユニ岬近くの見晴橋から夕日に染まるウトロ市街が見えました!

 

この日のライドはこれで終了!

一時はどうなることかと思いましたが、ショップのスタッフさんに助けていただき、無事に知床峠を登る事が出来ました!

 

2日目、3日目は自転車に乗っていないので、次回は4日目の網走について書きたいと思います。

 

 

磐梯吾妻スカイラインを走ってきました!

7月終わりの梅雨明けの猛暑日

いつかは走りたいと何年も前から夢見ていた、福島県の『磐梯吾妻スカイライン』を走ってきました!

 

磐梯吾妻スカイラインは、自転車やバイクツーリングの雑誌などにもよく紹介されている絶景山岳道路!

数年前にその存在を知ってから、「いつか走りたい・・・」そう思い続けていましたが、磐梯吾妻スカイラインについて調べれば調べるほど、「勾配がきつい」、「九十九折れに心が折れそうになる」・・・などの記事を目にし、自分の脚力では登り切るのは到底無理なのでは・・・という思いにかられていました。

 

脚力に自信がないので、今までトレーニングや減量をしようといろいろと試みてきましたが、正直、それほど成果が出るまで続けて来たわけでもありません^^

それでも今は開通期間(11月中旬~翌年4月上旬までは冬季通行止め)で、さらに吾妻山の噴火警戒レベルが1に下がっていて(噴火警戒レベルが上がると通行止め)、おまけに長い梅雨が明けて天気も良いという条件がそろったので、思い切って走りに行ってきました!

 

当日は早朝5時半の電車に乗り大宮駅へ向かいました。

f:id:nrt5033:20190806184351j:plain

6時30分出発、盛岡行きのやまびこ号に乗車

早朝にも関わらず乗客は意外と多かったので、車両のデッキに自転車を置き、自分もそのまま自転車の側に立って郡山駅まで行きました。

f:id:nrt5033:20190806184403j:plain

 郡山駅からは磐越西線に乗り換えて猪苗代駅に到着~

磐梯吾妻スカイラインのの最高地点が標高1600m程。

ですが、猪苗代駅まで電車で来ると、実は標高500m程稼いでます笑

脚力に自信がないので、これ位が自分にはちょうどいいのかもしれません。

 

自転車を組み立てて、いざ出発!国道115号をひたすら真っ直ぐ進みます。

f:id:nrt5033:20190803214152j:plain

 道路から見える川の水が赤茶色でビックリしました!

この先に赤湯温泉があるらしいので、そのせいでしょうか?

 

さてさて、猪苗代駅から10キロ以上走ると、坂道に入ってきました。

この日は、梅雨明け日で気温も急上昇、また午前中は左車線はまったく日陰がなく、うだるような暑さに体力が奪われます。

f:id:nrt5033:20190803214332j:plain

暑さにへばりながらも、ナビを頼りに進み県道70号に入ってくると、ようやく木陰の中へ入ってきました。

f:id:nrt5033:20190803214409j:plain
そしてどんどん登って行くと、ついに磐梯吾妻スカイラインの入り口ゲートに到着!

ここで休憩をして、呼吸を整えます(すでに何度も足は着いてますが^^)

一休みした後は、磐梯吾妻スカイラインの中間地点の浄土平を目指してさらに登ります。

f:id:nrt5033:20190803214345j:plain

ゲートをくぐってすぐは平坦な道でしたが、徐々に坂が出てきて標高も上がってきました。

登りはやっぱり苦しいですが景色が良くなってきたのでテンションが上がります!

f:id:nrt5033:20190803214520j:plain

 ここまで来ると、気温もだいぶ下がり、少し肌寒くなってきたので、ウィンドブレーカーを着て登り続けます。

ところが、この辺りで膝が痛みだしてきてしまいました・・・

最初は右、そのうち左、徐々に痛みが増していきます。

でも、あとちょっとで最高地点にたどり着くはず。

ここまで来たら何度足を着いてでも、必死に登り続けます。

f:id:nrt5033:20190803214401j:plain

朝から登り続けて、すでに時間は12時過ぎ、ついに最高地点まで来ました!

ここまで来れば、後は下るだけです。

漕ぐたびに痛くなっていた膝痛から解放されます^^

f:id:nrt5033:20190803214323j:plain

浄土平に到着~

f:id:nrt5033:20190803214312j:plain

せっかくなので、吾妻小富士の火口まで登ろうかとも思いましたが、膝が痛いのと、自転車を置いて登るのが不安なので止めておきました^^

レストハウス前の自販機で水分補給後は、福島駅まで一気に下ります~

 

f:id:nrt5033:20190803214448j:plain

浄土平レストハウスを過ぎたら、すぐに絶景が目に飛び込んできました!

f:id:nrt5033:20190803214418j:plain

これ、雑誌とかで良く見るアングルです!

ついに私もここまで来ました!

f:id:nrt5033:20190809230607j:plain

嬉しくて同じような写真を何度もスミマセン笑

 

残念ながらここからはひたすら下りなので、絶景の中を一瞬で通り過ぎてしまいました。

 

福島駅の手前数キロまで、急勾配の道をずっと下り。

ブレーキを持つ手も疲れました。

f:id:nrt5033:20190809230536j:plain

そして、福島駅に到着!

回転寿しで遅めの昼ご飯です。

福島の海鮮、美味しかったです^^

 

昼食後、輪行で帰ってきました。

f:id:nrt5033:20190809233619p:plain

今回、初めての磐梯吾妻スカイラインという事で、調べた限りでは一番楽そうな、猪苗代駅まで輪行してから登るというルート設定をしました。

坂は急勾配なところは少なく、サイクルコンピュータが10%超えの表示をする事は数回しかありませんでした。それも短い距離です。

この日の私の場合、辛かったのは暑さです。あと膝痛・・・

季節が良ければ、私のような脚力に自信のない方でも何とか登れるんじゃないかと思います。 

ただ、こちら側から登ると絶景区間が下りになってしまうのでブレーキをかけて止まるなり、徐行しないと一瞬で通り過ぎてしまいます。

 

逆に福島駅側から登ると、かなりきついと思います。下ってみてそう思いました。

それでも、苦労して登って森林限界を超え、あの絶景に囲まれてゆっくり走れたら、すごい満足感を得られるんじゃないかと思います!

 

いつかは福島駅側から登ってみたい。登り切れるくらいの脚力を身につけたい!

新しい目標が出来ました。

 

日帰りでも十分行ける事がわかったので、また訪れたいと思います。

 

 

3回目の奥武蔵グリーンライン

前回の記事「上谷の大クスと弓立山」に行った翌週の休日、同じ東武越生線に乗り今度は東毛呂駅まで輪行しました!

 

この日走ったのは奥武蔵グリーンライン

奥武蔵グリーンラインは今回で3回目になります。

 

〈1回目と2回目の記事はこちらです↓〉

nrt5033.hatenablog.com

nrt5033.hatenablog.com

東毛呂駅で自転車を組み立て、途中コンビニに寄りつつ、奥武蔵グリーンラインの入口がある鎌北湖を目指します。

f:id:nrt5033:20190610171233j:plain

鎌北湖に到着しました~

ここに着くまでには少し登り坂があるですが、以前より息が乱れずスイスイ登れたような気がしました。

最近、休日は自転車でヒルクライムをしたり、仕事の日も夜に自宅でフィットネスバイクに乗ったりしているので、多少は心肺機能が鍛えられたのかもしれません(^^)

f:id:nrt5033:20190610172057j:plain

鎌北湖を半周し、権現堂線という奥武蔵グリーンラインの入口まで来ました。

ここからいきなりキツい登りが始まるのですが、今日は天文岩まで足を着かずに走る事を目標に、いざスタート!

 

ギアはインナーロー、サドルの前寄りにお尻をずらし、顔は下を向かないようにフォームを意識して、複式呼吸を意識しながら慌てずじっくり登っていきます。

 

うん。やはり以前より辛くない。

 

前々回は辛くて何度も足を着き、前回は軽いギアにスプロケ交換しましたが、それでも息がゼェゼェしてフラフラしてました。

今回もつらくないわけではないですが、一定のペースで黙々と登って行けます。

サイクルコンピュータの勾配表示は12%位まで上がっているのに、何故か心が落ち着いていてゆとりがあります。

f:id:nrt5033:20190610174254j:plain

そして、天文岩まで足を着かずに来られました!

以前は勾配が10%以上になると全く歯が立たなかった事を考えると、スプロケ交換した事を差し引いても、多少なりとも進歩出来ているのかなと。

f:id:nrt5033:20190610175301j:plain

天文岩を過ぎた後はノンストップで顔振峠まで来ました。

義経弁慶主従が余り展望のすばらしさに顔を振り返り眺めたので此の名がついたと云われます」との記載があります。

f:id:nrt5033:20190610175934j:plain

その展望がこちら!

この日は若干の曇り空でしたが、遠くの山々まできれいに見渡せました♪

f:id:nrt5033:20190610180143j:plain

f:id:nrt5033:20190610182139j:plain

顔振峠~いくつかの峠を越えて、刈場坂峠に着いたところで、この日のライドは時間の都合で終了する事に。

下山して、越生駅から輪行して越谷まで帰りました。

f:id:nrt5033:20190610182032p:plain

 

f:id:nrt5033:20190610181517p:plain

 

途中、大きな鹿に遭遇し、ビックリしました(突進して来なくて良かった(^.^;))が、無事に帰る事が出来ました。

また、訪れたいと思います。

 

上谷の大クスと弓立山

まだ5月だというのに、最近は真夏のような暑さですね・・・

 

そんな炎天下の中、約一年ぶりに越生方面を走ってきました!

前回と同じく上谷の大クスと弓立山ヒルクライムです。

前回の記事はこちらになります↓

 

nrt5033.hatenablog.com

 今回も越生駅までは輪行しました。

f:id:nrt5033:20190527183217j:plain

駅前で愛車を組み立てて、すぐにスタート!

上谷の大クスまでは約6キロの道のり。

途中から登りが始まり、大クスの手前では、かなりキツめの坂が・・・前回もここで苦しみましたが、なんとか到着!

f:id:nrt5033:20190527183704j:plain

一年ぶりですが、やはり圧倒的なスケール感!

埼玉県内の巨木ランキング第一位、推定樹齢千年以上…近くにいるだけでエネルギーをもらえる気がします。

そして大クスを後にし、ランチタイム♪

f:id:nrt5033:20190527185205j:plain

『いこいの里 そば道場』という所でいただきました。

やさしい人柄のお店の方には本当に良くしていただきました。

ありがとうございますm(_ _)m

 

昼食の後は弓立山を目指します。

ちょいちょいキツイ登りでしたが、登るのは二回目なので、コースの概要もある程度把握しており、心にゆとりがあります。

f:id:nrt5033:20190527185727j:plain

そして山頂手前でやはりこのゲート。

関係者以外立入禁止なので、前回はここであきらめて帰ってしまいました。

今回は少し手前の脇道から歩いて頂上を目指します。

f:id:nrt5033:20190527190015j:plain

この道を自転車を押して登るのはけっこう辛かったのですが、今日は山頂まで絶対行くと決めていたので、何としてでも登ります。

f:id:nrt5033:20190527190225j:plain

そして、念願の山頂に到着しました~!

f:id:nrt5033:20190527190732j:plain

山頂からの眺めは絶景でした♪

疲れもぶっ飛びますね^^

炎天下の中で辛かったのですが、この景色を見られたのなら、登ったかいがあったというもの。

 

前回、山頂はあきらめてしまって、心残りがあったので、リベンジ出来て大満足です。

f:id:nrt5033:20190527191942p:plain

f:id:nrt5033:20190527192424p:plain

先日、GPS付きサイコンを購入しまして、初めてルート地図と標高差のグラフを載せてみました!

スタートが越生駅からではなく、途中からになってしまいすみません・・・慣れてないもので(^^;)

 

 

 

桜を見ながら緑のヘルシーロードをポタリング

先日、天気に恵まれた日に緑のヘルシーロードでお花見ポタリングしてきました!

 

越谷から国道463号を浦和方面へ向かい、緑のヘルシーロードに入りました。

f:id:nrt5033:20190408183756j:plain

ヘルシーロードに入ると、いきなり無数の桜のお出迎え。

緑のヘルシーロードは見沼たんぼの一部の見沼代用水沿いの道で、見沼たんぼの桜回廊は総延長は20キロを越え、なんと世界一!の長さだそうです!

www.minumatanbo-saitama.jp

実は昨年も桜を見にここへ来たのですが、その時は桜はもうだいぶ散っていて、「来年こそは満開の桜の時にここへまた来るぞ」と心に誓っていました^^

 その時の記事はこちらです↓

nrt5033.hatenablog.com

 今日の桜は、6~8分咲きほど。

満開ではありませんでしたが、それでもとてもきれいでした!

f:id:nrt5033:20190408183452j:plain

f:id:nrt5033:20190408184351j:plain

この日は、ほんの数時間でしたが、ゆったりペースで桜の木の下を走って、楽しむ事が出来ました!

見沼代用水沿いは出店とかも特にあるわけでもなく、シートを引いてお酒を飲みながら・・・というより、歩いたり自転車で走りながら見るのがいいのかなと思いました。

これだけ立派な桜回廊なのに意外と人も多くなかったので、穴場なのかも知れません。

 

来年もチャンスがあれば開花の時期に訪れてみたいと思います~







 





 

霞ヶ浦~銚子までツーリング

先日、時間があったので久々にツーリングに行ってきました!

(ブログ更新も久々になってしまいました)

今回は茨城県土浦駅まで輪行し、霞ヶ浦の南側を走って、利根川CRを経由して銚子まで走りました。

f:id:nrt5033:20190218194403j:plain

f:id:nrt5033:20190218194440j:plain

土浦駅では、近年サイクリスト誘致に力を入れているようで、駅ビル初のサイクリングリゾート「PLAY atr'e」、その中にサイクリング拠点「りんりんスクエア土浦」があり、2019年秋にかけてはレストラン、カフェ、ホテルなどが順次オープン予定という、サイクリストに注目を浴びている駅です。

playatre.com

今回は時間の都合上、PLAY atr'eへは寄らずに、東口のエレベータを下りました。

エレベータを下りるとすぐ横にサイクルステーションが設置されています!

f:id:nrt5033:20190301162628j:plain

f:id:nrt5033:20190301162243j:plain

f:id:nrt5033:20190301162207j:plain

f:id:nrt5033:20190301162605j:plain

 サイクルステーション内には、作業用のラックに空気入れ、更衣室にコインロッカーまであり、サイクリストにとってありがたい完璧な設備!

 

PLAY atr'eやサイクルステーション。土浦駅を起点に「霞ヶ浦一周」や「りんりんロード」の往復など、サイクリングを楽しんでほしいという熱を感じました。

今後、土浦はサイクリストの聖地になっていくかもしれませんね!

 

さて、サイクルステーション内で自転車を組み立てたら、走り出します。

f:id:nrt5033:20190301162751j:plain

f:id:nrt5033:20190301162653j:plain

駅を出たらすぐに霞ヶ浦が見えてきました。

反時計回りに湖の南側を走って、銚子を目指します。

途中、湖畔から離れて一般道を走ったりしながら、進路は東へ。

国道125号などを走りましたが、トラックが多くて怖かったので、あまりオススメは出来ません(^^;)

f:id:nrt5033:20190301162825j:plain

霞ヶ浦が終わり利根川CRへ。

銚子まで残り30キロちょいです。

左岸を走っていましたが途中から未舗装路となってしまい、一般道を走ります。

f:id:nrt5033:20190301162850j:plain

 最後は銚子大橋を渡って千葉側へ

楽しみにしていた昼食は、銚子漁港前の生まぐろ専門店の「久六」さんへ

久六さんには一年前にも訪れていて、また食べに行きたいと思っていた念願のお店です♪

その時の記事はこちらです↓

nrt5033.hatenablog.com 

f:id:nrt5033:20190301162448j:plain

今回も美味しいマグロを頂く事が出来ました。

マグロが美味し過ぎてご飯がすすみますね~

お腹満腹大満足(^o^)

 

帰りは銚子駅から輪行で帰ってきました。

今回も自転車ツーリングを楽しむ事が出来ました!

 

 

花見川サイクリングロード~新川、印旛沼サイクリングロードへ

1月の晴れた日、今までに走った事のないサイクリングロードを走ってみようと思い、千葉県の花見川CRから印旛沼まで走ってきました!

f:id:nrt5033:20190122211303j:plain

当日

朝の通勤時間が過ぎた後、輪行海浜幕張まで来ました!

海浜幕張は11月にサイクルモード幕張メッセ)に来て以来ですね。

そしてここには千葉ロッテマリーンズの本拠地もあります。

野球観戦が好きな私は、よくこの球場にも来ます。

f:id:nrt5033:20190122211715j:plain

駅から少し走ると海沿いへ

ここは花見川CRの起点。天気が良く、何と富士山が見えました!(わかりにくくてすみません・・)

ここから、今日のサイクリングスタート!

天気はいいですが、この日は向かい風がキツい!

気合い入れて頑張りまっしょい!

f:id:nrt5033:20190122211951j:plain

ところがスタートから 2~30分程で、未舗装路になってしまいました。

迂回路を探せば良かったのかもしれませんが、何となくそのまま直進。

未舗装路区間は意外と長く、3キロ位あったでしょうか?

23Cの細身タイヤなので、走りにくさとパンクのリスクにヒヤヒヤしながら慎重に進みます。

f:id:nrt5033:20190124225523j:plain

それでも秘境感溢れる景色の中を走れたので、迂回しないで良かったかも知れません^^

f:id:nrt5033:20190124225644j:plain

この弁天橋という橋で花見川CRは終わりのようです。

このまま新川CRへと繋がるらしいのですが、どこから繋がっているのかわからず、国道16号を行ったり来たりして、しばらくさまよってしまいました(^^;)

f:id:nrt5033:20190124230155j:plain

それでも地図を見ながら、なんとか新川CRにたどり着きました。

少し進むと「やちよ農業交流センター」に到着、休憩することに。

ここでソフトクリームが食べられると本に書いてあったので楽しみにしていたのですが・・・。

f:id:nrt5033:20190124230451j:plain

本日は定休日でした!!

お腹も空いていたので、お昼ご飯も食べたかったのですが残念。

仕方がないので昼食は近くのコンビニで簡単に済ませました。

そしてさらに進んでいくと、いつのまにやら印旛沼CRに入っていました。

f:id:nrt5033:20190124231006j:plain

ここは印旛沼CRの佐倉ふるさと広場(飯野休憩所)です。

大きな風車がとってもオランダチック(^o^)

この辺り一面には4月にはチューリップが、9月にはコスモスが咲き乱れるそうです。

その季節に来てみたいですね。

売店、レンタサイクルなどもあり、サイクリストのたまり場になっていました。

f:id:nrt5033:20190124232045j:plain

f:id:nrt5033:20190124232119j:plain

売店ではさっき食べ損ねたソフトクリームが売っていたので、食べる事に。

美味しいですね~♪

f:id:nrt5033:20190124232311j:plain

天気が本当にいいので、印旛沼が光り輝いて見えます!

でも本当に風がツラい・・・

f:id:nrt5033:20190124232756j:plain

印旛沼を過ぎ、一般道をしばらく北上すると利根川CRにぶつかりました。

この辺りは約1年前に銚子までツーリングに行く時に走りましたね。

このまま、今日も銚子まで行こうかとも考えましたが、時間の都合で断念。

輪行で帰ります。

f:id:nrt5033:20190124233251j:plain

近くの成田線安食駅」よりもう少し南の京成成田スカイアクセス線成田湯川駅」から乗った方がスムーズに帰って来られるようなので、そのようにしました。

 

今回は初めて花見川、新川、印旛沼サイクリングロードを走りました。

千葉県なのに、のどかで秘境っぽいところが気に入りましたね。

風車も見られて良かったです。

温かい季節にまた走ってみたいと思いました。